門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.12.13
「持続可能な文化観光を推進するためのシンポジウム」のパネリストに。「混雑」「マナー」「宿泊施設急増」などの課題を解決し、地域、人々の豊かさにつながる持続可能な文化観光都市へ!宗田好史 先生の進行で、稲葉信子 筑波大教授、刈谷勇雄 日本イコモス国内委員会副委員長と共に、今朝の「国連文化・観光京都会議」の「京都宣言」も踏まえ、文化遺産と観光の持続可能な関係等について未来志向の議論!文化遺産の保護・保全の努力を強化することは、持続可能な社会に向けた世界共通の目標である国連のSDGsのターゲットの一つでも。文化遺産を後世に伝えていくための保全や活用、魅力発信などについて、活発に意見交換。皆さんに感謝。


今月の記事

アーカイブ