門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.01.01
お正月を華やかにお祝い!世界遺産・二条城で元日振る舞い酒。二条城特製マスで先着1,000名に提供(佐々木酒造さんご協賛)!疏水物語(京都のおいしい水道水)もご用意。元ミスきものの皆さん、七福神アイドル「モカマカリ」の皆さんが振り袖姿でおもてなし。はろうきてぃ太夫も登場し、賑々しくお祝い! また「重要文化財・東大手門(二条城の正面玄関)」には、高さ約3mの「ジャンボ門松」を設置!元旦から皆様のお越しをお待ちしております。かつて年始は休館していた二条城、元旦から多くのお客様!職員・スタッフの頑張りに感謝!

二条城では、文化財の保護を基本に、「朝観光」や多言語対応、誰もが利用しやすい周遊ルートなどサービスの改善、地道な取り組みを積み重ね、多彩な文化行事も開催!こうした取組を高く評価いただき、一昨年、自治体初の「ベスト・プロデュース賞」も受賞。昨年開催した国際的アートフェア「artKYOTO」も大成功!入城者数は、昨年度215万人と2年連続で200万人を突破!
1/11からは、清流園香雲亭で京料理いそべの「“令和初”早春の二の丸御膳(~2/20)」を実施。また、公開中の「老中の間障壁画(重要文化財)原画(~2/16)」に加え、1/4からは、狩野派が描いた障壁画や天井画を間近でご覧いただける「国宝・二の丸御殿 式台の間」特別入室事業も(~1/27)!。早春の二条城は益々魅力いっぱい。
厳しい状況にある文化財を未来に保存・継承していくためには、担い手の育成とともに、文化を基軸とした都市経営を深化させ、適切かつ積極的な活用で多くの方にその価値を認識いただくことが必要!2021年度中に機能強化して京都へ全面的に移転する文化庁ともしっかり連携し、引き続き頑張ります。


今月の記事

アーカイブ