門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.01.04
退職後も社会貢献・地域活動にご献身の元京都市役所幹部の方々らの「土曜会」。毎月勉強会をご開催。今日は私から、京都市基本構想(2000年から2025年の構想、京都市会で全会一致で決議)から2 0年、現行基本計画I10年の完成年度を迎えて、前進面と、新たな課題、更なる改革挑戦を話させていただきました。

20年前の基本構想の文中には、当時の京都市の現状を「産業や観光の伸び悩み」「工場や大学の流出」「文化の創造力と発信力の低下」など、当時の危機的な状況が記載されてます。そこから、文化、景観、観光、環境、福祉や教育、子育て支援等の取り組みが市民ぐるみでスタート。今日、大学や企業の研究開発拠点の集積、文化・学術等で都市の総合力2年連続全国1位、誰一人取り残さない!持続可能な社会を目指すSDGs度全国1位、そして文化庁の全面的移転、などなど、隔世の感!。ご理解ご支援頂いた市民の皆さんのお陰です。同時に、観光の今日的な課題解決!、持続可能な財政の確立などの課題解決へ新たな挑戦!等を、お話しました。力強いエールに心から感謝。


今月の記事

アーカイブ