門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.01.22
「新型コロナウイルス」について迅速に情報共有し、正確な情報をしっかり発信!「対策庁内連絡会議」を初開催。新型インフルエンザをはじめこれまでの感染症対策で積み重ねてきた経験をいかし、市民の命と健康を守るため、万全の準備を整えることを確認しました。

感染症対策は「正しく恐れる」ことが何よりも大事。感染拡大の防止、パニックや風評被害が生じないよう、京都市としても正確な情報の提供や的確な相談対応に努めます。
本日の会議では、万一、感染の疑いのある患者さんが発生した場合の、医療機関から医療衛生センターへの連絡や、衛生環境研究所や国立感染症研究所、国との情報共有・対応のフローについてもしっかり確認。医療機関や宿泊・観光事業者など関係機関・団体とも緊密に連携し、府市協調の下、万全の準備を整えます。
風邪やインフルエンザが流行する時期でもあり、まずは通常の感染対策が重要!咳エチケットや手洗いの徹底をよろしくお願いします。

新型コロナウイルスに関連した肺炎について


今月の記事

アーカイブ