門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.01.24
大徳寺での合同消防訓練!私も防災服に着替えて緊張感を持って参加!1/23~29は文化財防火運動期間。文化財を火災から守るため、合同消防訓練を各地で実施。大本山大徳寺では、秋吉宗務総長を先頭に僧侶で組織の「大徳寺自衛消防隊」「大徳寺門前文化財レスキュー隊(京都市独自の制度で、門前の方々等で組織され全市で238隊がご活躍)」「文化財防災マイスター(観光ガイドやタクシー乗務員など700名の皆さんが講習を受講され全市でご活躍!これも京都市独自の制度)」「消防団」と連携した大規模訓練!ご献身の皆さんに敬意と感謝。

昭和24年1月26日に法隆寺金堂が焼失したことをきっかけに、1/26が文化財防火デーに。昨年はノートルダム大聖堂や首里城で火災により世界文化遺産が相次いで焼失し、改めて大切な文化財を守り伝えることの大切さを痛感。特に京都・日本の文化財の多くは、木・土・紙などと匠の技で構成されており、それだけに市民ぐるみでの火災・水災・地震などの災害に対する備えと匠の技の継承、復旧支援が肝要です。
改めて京都の皆さんの自主的な取り組みに感動です!引き続き、皆さんと力を合わせて、京都・日本の宝を災害から守り抜きます。


今月の記事

アーカイブ