門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.01.27
連合京都が主催の集会!特に、今日の上下水道など京都の基礎を築いて頂いたOBの方々が沢山ご参加、心強いです。京都市の水道は世界最高水準!また、環境に配慮し、頻発する豪雨等に対処する下水道。熱い激励を頂き、心強い限り。市民の皆さんの大切なライフラインを守るため皆さんと共々に全力を尽くします!

この間、水需要の減少など厳しい経営環境の中にあっても、関係者のご尽力で、京都市の上下水道は着実に前進。
例えば老朽化した水道管の更新を加速し、2018年度は年間1.3%。6年間で2.6倍に。道路部分の鉛製給水管の取替工事を進め、2017年度末までに98%を解消。
浸水対策に約1,700億円を投じ、「5年に1度の大雨」に対応した整備率は全国トップ水準の91%(全国平均58%)。2018年度末の貯留量は48万3千立方メートル(学校プール1,210個分)に。
これからも、重要なインフラである上下水道をしっかりと維持継承し、市民の皆さんの衛生的で安全な暮らしを支えてまいります。