門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.01.31
「新型コロナウイルス感染症」府市共同会見。1件目は「患者の病状について」。私自身が市立病院を訪ね確認。

感染者は、中国・武漢市からの帰国後は、外出を徹底的に控え、他者との接触を避けて一人で自宅で静養。医療機関に搬送されるまでの外出は1回のみで、その際も二重にマスクを着用されるなど、非常に冷静に、かつ慎重に行動されました。ご回復へ万全を期すため入院。本日朝、専用搬送車で京都市立病院の感染症専用病棟に。症状は安定しており、適切な入院治療を継続することで回復される見込みです。
京都市立病院は、市内で唯一の第2種感染症指定医療機関であり、他の病棟と隔離された専用病床は8床。一般の外来を経由することなく直接病棟へ入ることができ、他の患者への影響はありません。
新型インフルエンザ流行時に専用病院として機能した経験もいかし、市民の命と健康を守る拠点として、これからもしっかりと役割を果たしてまいります。