門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.03.27
宮内庁京都事務所の詫間直樹 所長が退任のご挨拶に。現役の御所は、東京と京都だけ。京都の誇り、日本の宝です。また、桂離宮や修学院離宮なども含め、国内外から高く評価される宮内庁所管の施設。この間、通年公開などにも多大のご尽力。敬意と感謝。

昨年は天皇陛下が即位され、新たな「令和」の御代が始まった歴史的な年。私も宮内庁京都事務所での慶祝の特別記帳に伺い、皇室との深いご縁に改めて思いを馳せ、皇室の益々の弥栄、世界の平和と人々の幸せを祈念申し上げました。
御所を有し、千年を超えて歴代の天皇がお住まいになり、皇位継承の舞台となってきた京都。元号「令和」に込められた「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」想いを改めて胸に刻み、文化を基軸としたまちづくりにまい進してまいります。