門川大作OFFICIAL

活動日記

2016.08.25
文部科学省 藤原誠 初等中等教育局長らとじっくり協議

藤原局長とは長いご縁。文化庁の京都への全面移転決定の時も官房長としてご活躍。中教審で審議の教育改革、学校改革の実現、障害のある方への支援、貧困家庭への支援など、喫緊の教育課題への対応、それらを実現するために、教職員の定数の改善、教師の増員は最重要課題。また、超多忙な学校現場の状況の改善、指導体制の強化なくして子ども達の教育の充実はありえません。
国も地方も、財政は厳しいですが、明るい日本の将来のため、教職員定数の改善の実現等、文科省としっかり連携し、共々努力することを誓い合いました。


今月の記事

アーカイブ