門川大作OFFICIAL

活動日記

2016.08.25
文化庁の京都への全面的移転に向けた工程表ができました。日本全国の地方創生を牽引。文化庁の機能強化で、新たな価値を創造し、日本を元気にする文化行政のスタートを!「第2回文化庁移転協議会」開催@東京

松野文部科学大臣、山本地方創生担当大臣ご出席の下に、前川文科省事務次官、唐澤内閣官房地方創生総括官が座長。私も山田知事、岡田副市長らとともに出席。
新たに着任された松野大臣、山本大臣から、文化庁の京都への移転について、大変力強いご発言。
河村審議官等から、先日の京都での文化庁移転の実証社会実験も踏まえ、観光、産業、ものづくり、教育、福祉、まちづくりとの連携・融合など、文化行政の大胆な転換、新たな文化行政の創造を目指す文化庁の機能強化。それらを踏まえた来年度の「文化庁の一部の先行移転」。本格移転に向けたスケジュールとともに、京都のまち全体を文化庁のサテライトに!など、移転の概要を提示。なお、文化庁の移転地は来年8月までに決定することに。
私からは、この間、大臣、内閣府や文部科学省、文化庁の方々が度々京都にお越し頂き、丁寧な協議を深め、まとめていただいたこと、京都からの意見を反映されていることに感謝。国としっかり連携し、来年度の先行移転を成功させ、早期の全面移転へ、オール京都で努力することを発言。
東京一極集中の是正、文化立国、地方創生の実現につながるよう、府、経済界と連携し、引き続き全力で取り組みます。


今月の記事

アーカイブ