門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.12.09
50年後、100年後も美しく品格のある京都ならではの景観を!「京都景観賞 京町家部門」表彰式。「京町家」は京都の美しい町並み、歴史・文化の象徴!暮らしの美学や生き方の哲学が息づく京町家の数々に感激!320軒の応募の中から特に優れた68軒を表彰、京町屋の保全継承・活用等に大変なご尽力の皆様に敬意と感謝。

2007年の「新景観政策」スタート以来、市民・事業者の皆さんの多大なご理解・ご協力を賜り、日本一厳しい規制を不退転の決意で推進し、一方で支援も充実。2012年度からは、創意工夫にあふれた景観づくりを促進するため「京都景観賞」を創設し、今回8回目。これまで年ごとに表彰してきた「屋外広告物部門」「建築部門」「景観づくり活動部門」に加え、今回新たに「京町家部門」を創設!望ましい修繕・改修をされた京町家、京町家の知恵を受け継いでいると認められる新築等の建物、京町家における生活文化を継承した住まい方を実践する個人または団体の皆さんを表彰。
初開催にもかかわらず、極め関心が高く320件ものご応募!市長賞11件をはじめ、68件を表彰させていただきました。素晴らしい京都の景観づくりにご貢献いただいている皆さんに心から敬意と感謝。京町家は毎年800件ずつ滅失するなど危機的な状況にありますが、志高くご活動の皆さんと共々に、保全・継承・創造に全力を尽くします。