門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.12.09
創設85周年!「第72回日米学生会議」の木村 実行委員長、実行委員の野澤さん、OBの竹本さん、京都文教大 島本教授がお越しに。学生の皆さんの志高いご活動に心から敬意。

1934年に、日米相互の信頼回復を目的に、「世界の平和は太平洋にあり、太平洋の平和は日米間の平和にある。その一翼を学生も担うべきである」という理念の下で発足した日本初の国際的な学生交流団体「日米学生会議」。学生自身の手による企画運営。日米関係はもちろんのこと、世界の多様な問題を日米の観点のみならず地球的視野で取り上げ、考察されています。毎回、日米の学生が約1箇月にわたって共同生活を送りながら様々な議論や活動。そして相互理解を深めるとともに、会議で得た成果を社会貢献へ!未来のために繋げていきます。心強い限り。
今年姉妹都市60周年を迎えたボストン市をはじめ、米国との交流を一層推進し、世界平和に寄与していくことを改めて決意。