門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.12.09
船岡山公園の頂上に美しい桜を!「文七かすみ櫻」植樹式。渡文㈱ 渡邉隆夫 社長が西陣地域の発展と季節毎に美しい船岡山を願われ「文七かすみ櫻」と命名された桜をご寄贈。楽只保育所の子ども達によるかわいいお歌の披露も。西陣地域のさらなる創造的な発展へ、引き続き地域の皆さんと共に取り組みます。

1991年の信楽高原鉄道事故では、渡文の社員の方2名の尊い命も失われました。渡邉社長が参拝され、その事故現場付近で採集された苗木が毎年立派な花を!植物園のご尽力も得て、接ぎ木で殖やされた渡邉社長の思いの込められた桜。京都市北部のランドマークであり、京都のはじまりの場所とも言われる船岡山(桓武天皇は船岡山から山城盆地を見渡し、遷都を決意したと伝わります)、地域の皆さんが大切にされ憩いの場に植樹。
今後も共々に、西陣地域の活性化、船岡山の魅力発信に努力していくことを決意。ご尽力の紫野学区社会福山協議会石崎伊佐雄会長はじめ皆さんに敬意と感謝。