門川大作OFFICIAL

活動日記

2016.04.26
留学生が学びやすいまち・京都へ 「留学生スタディ京都ネットワーク」総会

京都市では5年後の留学生15,000人を目指し様々な大学政策・施策を推進。この10年余で3,500人から7,000人に。更に、昨年、多くの留学生さんをお迎えすべく、誘致、受入体制の整備と共に、留学生の知識・経験を京都の国際化・活性化に活かすため、京都が誇る大学、日本語学校、専門学校、企業など73団体で「留学生スタディ京都ネットワーク」を設立。現在85団体がご参画。赤松会長はじめ、皆さんご尽力に敬意と感謝。
これからも、世界の学生が憧れる「大学のまち・学生のまち 京都」の発展に向け、共々に頑張ります。