門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.12.25
私にそっくりの人形!京都笑喜堂 和紙造形作家の垣口彰宏さんが、心を込めて創ってくださいました。感激です!事務所に飾らせていただきます!垣口さんと同級生の下村あきら市議もご一緒に懇談。

垣口さんは、平面・立体イラスト、テレビ番組のディスプレイ用造形作成などでも幅広く活躍され、現在は和紙と石粉粘土で、軽い、壊れない、環境に優しい、再生可能(張替)な和紙アート作品を制作しておられます。
本日お持ちいただいた「そっくり人形」は、モデルとなる人と向き合い、理解することを大切に創作されているとのこと。垣口さんの人に対する優しい眼差し、イメージを形にする技術と創造力に感服です。深謝。益々のご活躍を祈念!