門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.06.13
市民の皆さんの安心安全へ!常に危機管理!出水期を前に防災訓練。道路・河川・橋梁等のインフラ整備や防災減災を担う建設局が防災危機管理室と連携、倒木・土砂崩れ・停電等を想定し、関西電力等も参加!オンラインも駆使して本格的な訓練実施!

都市基盤整備、防災減災対策、緑化、自転車政策等、幅広い分野で、安心安全なまちづくりに尽力の建設局の皆さん。
一昨年の戦後最大の被害をもたらした台風21号や4日間もの豪雨等による大きな被害、また、昨年も台風接近による倒木被害等が相次ぐなど、近年、市内でも自然災害が頻発。その度に、最前線の土木事務所をはじめ、建設局職員が昼夜問わず献身的に復旧作業等に献身。地域の自主防災会、消防団、水防団等の皆さんと共に取り組み 京都市内では人的被害は無し。お陰様で尊い命は守られました。
そうした経験、教訓を踏まえ、大規模な水災害、倒木・停電等の発生を想定した訓練を、関西電力、関西電力送配電、建設コンサルタンツ協会、澱川右岸水防事務組合、桂川・小畑川水防事務組合といった多くの関係機関にご参加いただき、テレビ会議等も駆使して本格的に実施。ご尽力の皆さんに敬意と感謝。
出水期、台風シーズンに向け、強い危機感を共有し、また、避難所での3密対策などウィズコロナ社会での災害対応も意識しながら、万全を期してまいります。


今月の記事

アーカイブ