門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.06.13
コロナ禍の下、ひきこもり支援は一層重要に!「ひきこもり支援の在り方検討専門分科会」

社会問題化しているひきこもりの問題。新型コロナによる経済への影響等により、ひきこもりをはじめ様々な課題を抱える方が増えることも想定されます。
様々な分野の専門家等の皆さんにお集まりいただき、ひきこもり支援についての報告・議論。
京都市では、ひきこもりの相談窓口やよりそい支援員の設置など、体制整備を進めていますが、引き続き、コロナ禍により生じる様々な複合課題に対応するための取組を進めてまいります。
また、冒頭には中川委員(大阪市立大特任教授)から、ひきこもり支援におけるアートの役割・位置づけについてご報告。素晴らしいご提案に深謝。

今月の記事

アーカイブ