門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.06.29
本日、新規感染者4名発生。うち1名が感染経路不明。これにより直近7日間の新規陽性者数が14名となるなど、京都府のモニタリング指標の「注意喚起基準」に達しました。京都市では、この間の厳しい状況を踏まえ、本日、市民、事業者の皆さんへの注意喚起メッセージと、高齢者、障害のある方、基礎疾患のある方などハイリスクの方の命を守るため、福祉施設へ感染防止対策の徹底の通知を発出。改めて、その内容の徹底をお願いいたします(下記に記載)。 引き続き、積極的疫学調査により接触者を把握するとともに、医師の判断の下、これらに対するPCR検査を実施するなど、感染拡大防止、早期収束に向け徹底した取組を全力で進めてまいります。

改めてお願い申し上げます。
市民の皆様は、引き続き、「3密の回避」「人と人との距離の確保」「熱中症に注意しながらのマスクの着用」「こまめな手洗い」など、感染しない、他の人にうつさないための「新しい生活スタイル」の徹底をお願いします。
飲食店等の利用の際は、「控えめな会話」「こまめな手洗い」など感染予防マナーをお願いします。
高齢者施設、障害者施設、医療機関等では、ハイリスクの方の命を守るため、施設内の感染防止対策が重要です。
施設内での感染防止のため、この間、スタッフの皆様には献身的に御尽力いただいています。重症化のリスクの高い方に感染させないため、この間の様々な事例に基づく研鑽を重ねていただきますようお願いします。京都市も、関係者の皆様と共に研修の充実等を企画しています。また、面会に当たっての感染防止策の徹底もお願いします。本日改めて、感染防止策の徹底に向けた依頼を関係局から発出しています。
事業者の皆様にお願いです。飲食店等に携わる皆様は、人との適切な距離の確保や対面しない配席、対面する場所のアクリル板等による遮断、定期的な消毒や換気など、業種別ガイドラインに基づく、感染予防対策の徹底をお願いします。
「京都市新型コロナあんしん追跡サービス」の積極的な利用をお願いします。また、いわゆる「接触確認アプリ」なども御利用ください。
従業員の方の健康管理に注意し、体調の悪い従業員は自宅待機や医療機関への相談を徹底するようお願いします。
京都市も、市民の皆様の安心安全のため、引き続き、国や京都府、医療機関等をはじめ、地域の皆様と一層連携し、感染拡大の防止に全力を挙げて取り組んでまいりますので、皆様の御理解と御協力を心からお願い申し上げます。

京都市:新型コロナウイルス感染症 最新の動向

今月の記事

アーカイブ