門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.06.30
京都経済同友会から、新型コロナ感染症対策に係る緊急提言!しっかりと受け止め、今後の対策に生かしてまいります。大倉治彦 代表幹事、榊田隆之 理事、馬屋原宏 事務局長に感謝。

京都経済の活性化はもとより、産学公連携のイノベーション、観光、交通、景観、教育・担い手の育成をはじめ幅広い分野にわたる政策提言からまちづくり活動の実践、大学との連携など積極的な活動をされている「京都経済同友会」。
ウィズコロナ社会の下、広域的な自治体連携や機能強化の必要性、検査・医療体制の強化や感染追跡システムの充実、情報提供システムの一元化、京都が関西圏域を牽引していくため、文化や新技術等を活かし、新しい観光モデルを構築、発展させていく必要性等々、幅広く具体的なご提言。
京都市では、昨日、7月市会に提案するコロナ対策第4弾の補正予算を発表したところ。いただいた提言も踏まえ、今後の対策、施策にしっかりと生かしてまいります。

今月の記事

アーカイブ