門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.08.03
ウィズコロナ社会の「新しい地域活動スタイル」を!「市政協力委員連絡協議会代表者会議」。力強い地域でのお取組みもご紹介!京都ならではの「地域力」を実感!京都の地域社会を支えていただく8,235人の市政協力委員の皆さんに心から敬意と感謝。

地域の絆を大切に、コミュニティの活性化に日々ご尽力。そして、広報・広聴をはじめ地域の皆さんと市政・区政とを繋ぐパイプ役・市政協力委員の方々。222学区8,235人がご活躍。発足から67年続く伝統の制度、京都の誇り、宝です。

今回は感染拡大防止の観点から例年のワークショップは行わず、パネル設置や座席間隔等、対策を徹底したうえで開催。
京都の誇る地域コミュニティ活性化に向けた計画の報告、また、貴重なご意見をいただいたコロナ禍の地域活動についてのアンケート結果をご報告。高岡右京区世話人代表からは、南太秦学区独自のコロナ対策の取組のご紹介。ウィズコロナ社会の地域活動のモデルに!心強い限り!
私からは、この間の徹底した感染拡大防止の取組、京都ならではの絆、地域力を活かしてコロナ禍を乗り越え、未来に受け継いでいく決意等について、皆さんへの敬意と感謝を込めてお話ししました。
これからも、市政協力委員の皆さんらと手を携えて、京都が誇る地域力を深化させ、共々に明るい未来を切り拓いてまいります。

今月の記事

アーカイブ