門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.08.26
コロナ禍のもと、自宅から、世界中から俳句を通じて京都の魅力に触れられます!「京都×俳句プロジェクト」。呼びかけ人代表の黛まどかさん、ご協力の電通 野上卓志さんがお越しに。京都市観光協会の「Stay Home、Feel Kyoto」キャンペーンと連携!尊いお取り組みに感激。深謝。

京都×俳句プロジェクトは、コロナ禍の多大な影響を受ける京都を憂いた俳人・黛まどかさんの呼びかけに賛同する方々が、ボランティアとして参加し、活動を開始したプロジェクト。
京都の四季折々の風景を、世界の俳句愛好家や京都ファンが俳句に詠み合い、ご縁をつないでいきます。
コロナ禍の今だからこそ、俳句を通じて「命」を見つめ、その輝きを称える。京都から世界へ、世界から京都へ、俳句がつなぐ人との出会い。素晴らしいお取組み!
このたび、京都市観光協会が展開している、京都のコンテンツ配信等により在宅時間を豊かにするキャンペーン「Stay Home、Feel Kyoto」に黛さんが共感いただき、連携して取り組むことに。
長い歴史、美しい自然、文化、伝統が多くの詠み人を魅了し、たくさんの歌が詠まれてきた「歌枕」京都を守り、未来に受け継いでいくことの大切さ、その責任を改めて実感。
黛まどかさんはじめご尽力の皆さんに心から敬意と感謝。
京都×俳句プロジェクトは以下のサイトから。

京都×俳句プロジェクト


今月の記事

アーカイブ