門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.09.01
性の多様性に関する理解と共感が一層深まり、生活の困りごとや生きづらさが解消されるよう京都市も共々に努力します。京都から着実な一歩!今日からスタート「京都市パートナーシップ宣誓書受領証交付式」。感染防止策を徹底して実施。5組の方がお互いを人生のパートナーとして日常生活で協力し合うことを宣誓!皆さんの新たな門出を祝し、私から受領証を交付。皆さんの笑顔とメッセージ 素敵です!おめでとうございます。

性的少数者のカップルを公的に認証するこの制度は、双方又はいずれかが性的少数者である二人の思いを尊重するとともに、二人が互いを人生のパートナーとして認め合い、自分らしく、生き生きと生活されることを応援するために創設。
宣誓された方には受領証とカードを交付、生活の様々な場面で、お二人の関係を説明される際に活用いただけます。今後も市が率先して取組を進め、民間事業者等への性の多様性の理解と共感を広げ、性的少数者の方の社会参加の促進などにつながるよう取り組んでまいります。
制度開始の本日、皆さんの新たな門出に立ち会い、晴れやかなお姿を拝見できたことは嬉しい限り!5組の方の他 現在 15組の方がご予約。
全ての人が偏見や差別に苦しめられることなく、社会に参加し、自分らしく自由に生きる。「誰ひとり取り残さない共生社会」へ!SDGsの理念の実現に向け、引き続き共々に努力してまいります。

今月の記事

アーカイブ