門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.09.01
全国・世界のモデルにも。無症状者による感染拡大防止と安心したキャンパスライフを!京都産業大学構内にPCR検査施設を設置!京都産業大学(大城光正学長)と島津製作所(上田輝久社長)との包括的連携協定締結式。立会人として出席。大学のまち京都で志の高いお取組みに敬意と感謝。

京産大 大城学長、島津製作所 上田社長のリーダーシップのもと、このコロナ禍で新たな挑戦!感染拡大防止、大学の研究の発展、学生さんの学びの保障、地域の安心にもつなげる、そんな熱い思いが込められた素晴らしいプロジェクト!
学内にPCR検査センターを設置し、京産大の学生、教職員かつ発熱等の症状のない方(発熱者は医療機会へ)を検査(唾液検査)、陽性となった場合は、保健所へ届出。経験値を重ねて将来的には衛生検査所として申請も!市・府と連携を図りながら、他大学へもスクリーニングへの協力やノウハウの提供も視野に、京都の大学生の感染防止等に役立てられます。(島津製作所は海外への展開もご検討。)
さらに協定では感染拡大防止等に貢献する教育面、研究面での協力も。大学のまち、そして長い歴史の中で伝統産業から先端技術産業まで幅広い企業・大学が集積している京都ならではの地域力を活かした取組!実に心強いです。
京都市では9月を「感染防止徹底月間」として集中的に感染防止対策を呼び掛け・実践!皆さんの力強いお取組みともしっかりと連携し、府市協調、市民、事業者、医療関係者、地域団体、業界団体などあらゆる方々と心一つに、感染症の収束に向けて全力を尽くします。

今月の記事

アーカイブ