門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.09.02
すこやかクラブ京都(老人クラブ)の皆さんから、コロナ支え合い基金に温かいご寄付!西村忠雄 会長、田中均 常務理事、難波邦拡 事務局長はじめ、ご支援いただいた皆さんに心から敬意と感謝。地域に根差し、人生100年時代を健康で創造的にご活躍、奉仕活動も熱心に。

すこやかクラブ京都は昭和41年結成、5万人の会員が在籍。概ね60歳以上の皆さんが生きがいと健康づくりのためスポーツやレクリエーションなど「自らの生活を豊かにする楽しい活動」と、高齢社会の主人公として、高齢者の経験や知恵を生かし、社会奉仕や世代交流、子どもの見守りや環境活動など「地域を豊かにする社会活動」に取り組まれています。
コロナ禍により、人との接触の機会が減り、孤立化等が懸念される中、クラブによる個別訪問「友愛訪問」など、そのご活動はますます大切に!頭が下がります。
これからも共々に、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせる「健康長寿のまち・京都」の実現に全力を尽くします。皆さんの益々のご活躍を祈念。

今月の記事

アーカイブ