門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.09.03
人類の叡智の結晶「古典」に親しみ、心豊かに文化的な生活を!「古典の日」の推進に向け、「古典の日文化基金賞」を創設!顕彰委員会(村田純一会長)の記者会見に出席。@冷泉家時雨亭文庫

平成20年11月1日、「源氏物語千年紀記念式典」において、天皇皇后両陛下(現上皇・上皇后両陛下)ご臨席のもと、「古典の日」を宣言。翌年、古典の日推進委員会が発足し、毎年「古典の日フォーラム」を開催。広く国民が古典に親しみ、その素晴らしさを後世に伝える取組が進められています。平成24年には古典の日が法制化、国の制定する記念日に!
昨年には、推進委員会が創設10周年を迎え、これまでの活動成果と文化庁等との連携による全国展開の進展に貢献したことが評価され、「京都創造者大賞」を受賞!これまでのご活動に敬意。
このたび、日本の古典文化の研究、普及、啓発に貢献された方を顕彰する制度を創設。本日は、多大なご尽力の村田純一
顕彰委員会会長、冷泉貴美子 選考委員、東儀秀樹 選考委員、小林一彦 情報調査会委員、山本壯太 候補者情報調査会座長ら出席のもと、設立記者会見。西脇知事、文化庁地方文化創生本部 三木事務局長もご出席。名誉総裁 彬子女王殿下、千玄室 顧問、瀬戸内寂聴 顧問からのメッセージも。それぞれの方々の含蓄のあるお言葉に改めて感銘!。
この顕彰制度を若い方に古典文化に親しんでもらうとともに、地道な活動を続けてこられた方にスポットを当て、これからも一層力を尽くしていただく契機に。まて、世界には日本の古典を研究されている方が多いですが、さらに世界へ日本の古典、文化の魅力を発信する機会に。
「揺れ動く世界のうちにあるからこそ、いま古典を学び、これをしっかりと心に抱き、私たちのよりどころとして、世界の人々と深く心を通わせよう」。「古典の日宣言」の一節です。
コロナ禍のもと、激動の中にあっても、心を豊かに。古典の大切さ、素晴らしさを改めて実感。ご尽力の皆さんに心から敬意と感謝。

今月の記事

アーカイブ