門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.09.14
本日、市内で新規感染者2名を確認。いずれも他都市の陽性者との接触者、2名とも軽症です。9月は「京都市感染防止徹底月間」引き続き市民・事業者の皆さんと緊張感を共有して、感染拡大防止に全力投球します。

先週(日曜から土曜日・9/6~12)の新規感染者数は36名、先々週から52名(59.1%)の減少。感染経路は64%を捕捉。4週間前の1週間は150名を超えていました。6月末以降の感染拡大は落ち着きつつある一方で、私立高校の課外活動を契機としたクラスター・集団感染や、そこから家庭を通じて感染が広がり大きな影響が生じました。クラスターの防止の重要性を痛感。

また、現在の感染状況は3月末から4月中旬の最初の感染拡大のピーク時(46名/週)に近い感染者数であり、油断できません。

特に家庭内感染(先週は計7名)を防ぐことが重要です。家庭内にウィルスを持ち込まないよう、手洗い、消毒等の徹底、三密を避ける新たな生活スタイルの徹底をお願いします。

9月は大学含め学校の授業が再開、秋冬のインフルエンザ流行期に向けても、今後も一層の警戒が必要です。市民、事業者の皆さんのご理解、ご協力をお願いいたします。
9月の「京都市感染防止徹底月間」。市民ぐるみでウィズコロナ社会への行動変容、業種別ガイドラインの遵守へ。市民、事業者の皆さんのご理解、ご協力をお願いします。
京都市では、HPで1週間単位での感染者の分析、市民・事業者の皆さんへのお願い、注意喚起等を発信。以下、ご確認ください。
京都市:9月は京都市コロナ感染防止徹底月間!

市内の感染状況は、以下からご覧いただけます。

京都市:京都市内における患者の発生状況