門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.09.28
「伸ばそう!健康寿命、担おう!地域づくりを!」人生の先輩方が、幾つになられてもお元気でご活躍いただける「世界一健康長寿のまち」へ!すこやかクラブ(老人クラブ)京都大会。感染防止策を徹底のうえ開催。西村忠雄 会長はじめ皆さんの笑顔、健やかに、輝くお姿に感動!元気をもらいました。深謝。

概ね60歳以上の皆さんが生きがいと健康づくり、地域社会への貢献へ、スポーツやレクリエーションなど「自らの生活を豊かにする楽しい活動」と、高齢社会の主人公として、その経験や知恵を生かし、社会奉仕や世代交流、子どもの見守りや環境活動など「地域を豊かにする社会活動」に取り組まれているすこやかクラブ京都。私は名誉会長を務めさせていただいてます。 
コロナ禍により、人との接触の機会が減り、孤立化等が懸念される中、クラブによる個別訪問「友愛訪問」など、そのご活動はますます大切に!
また9/2には、本市の「コロナ支え合い基金」に多大なご支援!温かい志に心から敬意と感謝。
本日は、金婚式を迎えられた404組の各区代表の皆さんや長年クラブの発展に貢献された方を表彰。感染防止のため参加者を縮小されており、ご長寿の方、(満99歳 今年59名表彰)や単位クラブ会員等は参加されませんが、表彰状はお届けされます。おめでとうこざいます。
人生100年時代を生きる私たちにとって、豊かな経験をお持ちの皆さんが、健やかに、地域でご活躍されることは心強い限り!
これからも共々に、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせる「健康長寿のまち・京都」の実現に共々に全力を尽くします。皆さんの益々のご活躍を祈念。


今月の記事

アーカイブ