門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.09.28
文化庁の機能を強化しての全面的移転はじめ日本の教育・文化行政の振興に多大なご貢献!文化庁 中岡司 次長が退任のご挨拶に。心から感謝!三木忠一 地域文化創生本部事務局長、新井慶子専門職もご一緒。

文科省・文化庁の中枢で、長年 日本の教育、文化行政を担われ、また、文化庁の機能を強化しての全面的移転に向け、文化芸術基本法、文科省設置法の改正、新文化庁の発足、京都での先行組織・文化庁地域文化推進本部の創設など様々な事業に力強く取り組んでこられた中岡次長が、このたび定年を超えられてご退任。
これまで文科省等で数々の要職を歴任され、平成28年から文化庁次長に。学生時代 京都大学で河合隼雄先生に学ばれるなど京都の奥深い文化の真髄をご理解。この間 度々京都にもお越しいただきご指導、激励もいただきました。これまでの多大なご尽力に心から敬意と感謝。ご退任は寂しい限りですが、今後益々の御活躍を祈念。

ウィズコロナ社会、心豊かに暮らすためには文化芸術の力が重要。これからも文化庁の皆さんと連携し、文化芸術関係者の支援に力を尽くすとともに、文化の継承・発展、文化を基軸にしたまちづくりに邁進することを改めて決意。

今月の記事

アーカイブ