門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.09.28
おいしい洋食は京都が誇る食文化!第66回「京都洋食会」総会。吉岡雅玄 会長、加藤美知世 直前会長はじめ皆さんに敬意と感謝。京都の伝統を誇る錚々たるレストラン等がご参画。瀧上純様(スター食堂)、香山雅且様(富屋)に市長表彰贈呈。

明治期、日本で西洋料理が取り入れられてから、主にご飯に合うメニューとして独自の発展を遂げてきた「洋食」。昭和30年、京都の美味しい洋食店の経営者の皆さんが、交流や調理技術の研究、向上、洋食業界の発展を目指し設立された京都洋食会。現在では65社がご加盟。京都の食文化の尊い歩み!
コロナ禍により飲食業界も厳しい状況ですが、それぞれのお店では感染防止策を徹底し、懸命に営業されています。京都市でも、ガイドライン推進ステッカーやあんしん追跡サービス、アドバイザーチームやクラスター対策チームなど、様々な取組を行っています。10月からは国の「GoToEat」キャンペーンも開始。これを契機に京都の飲食業、洋食・和食業界が活気を取り戻すことを願うとともに、京都市も全力で応援します。
和食、洋食はじめ、食文化の多様性が京都の誇り!皆さんと共々に、京都ならではの多様性・豊かな食文化の更なる振興・発信に努力してまいります。


今月の記事

アーカイブ