門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.09.29
ロクサンヌ・ドゥ・ビルデルリンク駐日ベルギー大使ご一行がお越しに。これからも交流を深め、文化の振興・発展、魅力の発信等で協力していくことを誓い合いました。大使、参事官はじめ訪問者全員女性!京都市における女性活躍も話題にし盛り上がりました。

ベルギーは、私が会長を務める「世界歴史都市連盟」に首都のブリュッセル市が加盟されており、交流を深めているところ。
平成24年にはフィリップ国王陛下が皇太子時代にご入洛。迎賓館でお迎えし、日本通である皇太子殿下(当時)と、禅をはじめ日本、京都の文化について語り合ったことを思い出します。
また祇園祭の山鉾の一つ「鯉山」に掛けられているタペストリーは、16世紀にベルギーで織られたものが懸装品として仕立て直され伝来し、地域の方々により数百年間大切に守られています。素敵なご縁、うれしいです。
ベルギーでも新型コロナが猛威を振るい、感染者は11万人を超える厳しい状況に。引き続きブリュッセル市をはじめベルギーとの友好を深め、共々にコロナを乗り越え、未来に向けて努力を続けてまいります。


今月の記事

アーカイブ