門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.10.02
新型コロナ対策会議を開催。9月の「感染防止徹底月間」の市民ぐるみでの取組を総括。 前月比 6割減少した新規感染者。感染経路不明者は29,5%に。特に飲食店での感染減、クラスター発生無し、など着実な成果!市民・事業者の皆さんのご尽力の賜物。しかし医療機関や学校での集団感染、家庭内感染も!インフルエンザ流行期に向け緊張感を持って感染拡大防止へ!身近な医療機関での相談検査体制の拡充や市立学校・園、市バス・地下鉄での取組、また中小企業等事業者への支援など重点的な対応を指示。また改めて市民、事業者の皆さんに取組徹底をお願い。

京都市では9月を「感染防止徹底月間」とし、あらゆる施策を総動員!保健所・保健師の体制強化、市幹部職員等で編成したクラスター対策チームの体制を強化し、ウィズコロナ社会への行動変容、業種別ガイドラインの遵守へ訪問指導、祇園・木屋町等へ集中的に呼び掛け・実践!感染防止を「自分ごと」に、市民ぐるみの取組により、新規感染者は徐々に減少。また飲食店でのクラスターも8/9以降発生していません。市民、事業者の皆さん、医療・福祉・教育・子育て支援はじめご尽力の全ての皆さんに心から敬意と感謝。
一方で医療機関や学校での集団感染、家庭内感染への広がりも。厳しい状況が続く中、GoToトラベルてなどにより人の動きが戻りつつあり、また、インフルエンザの流行期に向け、徹底月間の成果を受け継ぎ、緊張感を持った対策を続けていく必要があります。
府、医師会と連携し、身近な医療機関(市内を中心に408箇所)で診療・検査を受けられる仕組みを土台に、市民からの相談を受けて医療機関を紹介する仕組みを早急に整備。
この間集団感染等も発生している市立学校での取組も再徹底。子どもの体調管理をより徹底し、少しでも不安のある場合は休んでもらうよう注意喚起。また、市バス・地下鉄のご利用に当たり、マスク着用、控え目な会話、間隔をあける、分散乗車等の対策をお願い。京都市も消毒や換気を徹底します。
加えて、ウィズコロナ社会で心豊かな生活を送るため、感染防止策に万全を期して文化事業を開催していく方向性を確認。
市民、事業者の皆さんには、改めて、マスク着用や3密回避等の基本的な対策実践、業種別ガイドラインの遵守をお願いします。コロナ対策がインフルエンザ予防に!体調に不安な場合はかかりつけ医への相談を、また高齢者の方は、特に積極的なインフルエンザ予防接種をお願いします。
学生の皆さんは、検温等の体調管理を徹底、部活や飲み会、寮での集団生活などリスクの高い場では十分注意を、また、中学、高校生の皆さん、部活や学校外での感染対策の徹底をお願いします。
全ての皆さんが、少しでも体調に不安のある場合は、「無理せず休む」ことをお願いします。
厳しい雇用、経済の状況が続きます。9月市会でご議決いただいた第5弾の支援策はじめ、国、府の施策を騒動員し、引き続き、医療機関や経済団体等、関係者と連携し、市民の皆さんの命と暮らしを守るため、全力を尽くしてまいります。


今月の記事

アーカイブ