門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.10.05
本日、市内で2名の新規感染者を確認。いずれも軽症、感染経路は現時点ては不明。引き続き緊張感を持ち、徹底して接触者の調査、PCR検査を実施。感染拡大防止に全力で取り組みます。

先週(日曜から土曜日・9/27~10/3)の新規感染者は30人(うち医療機関での集団感染10人)、先々週(9/20~26)から12人(28.6%)の減。感染経路不明は8人で先々週から2人(20%)減少。
京都市では、9月を感染防止徹底月間として市民ぐるみで取組を徹底。月全体で新規感染者は前月比 6割減少、感染経路不明者は29.5%に。特に飲食店での感染減、クラスター発生無し、など着実な成果。市民・事業者の皆さんのご尽力の賜物。感謝申し上げます。
しかしひとたび集団感染が起これば、そこから家庭内感染等にもつながり、一気に感染が広がります。気を緩めず、3密回避等の新しい生活スタイルの徹底、事業者の皆さんは業種別ガイドラインの遵守徹底をお願いします。
インフルエンザの流行期も近づく中、コロナ対策はインフルエンザや風邪等の予防にもつながります。しっかりと対策をとるとともに、高齢者の方はインフルエンザの予防接種も積極的にお願いします。
また、京都市も、府、医師会と連携し、身近な医療機関(市内を中心に408箇所)で診療・検査を受けられる仕組みを土台に、市民の皆さんからの相談を受けて医療機関を紹介する仕組みを早急に整備します。
引き続き、市民ぐるみで感染拡大防止へ、ご理解、ご協力をお願いします。

今月の記事

アーカイブ