門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.10.07
地域との調和!市民、観光客の安心安全を第一に!万全の感染防止対策!三井不動産(株)川村豊 ホテル・リゾート本部長、鴉田隆司 事業第二部長、玉置敏浩 京都支店長、福山貴之 次長、楠井学 総支配人がお越しに。「ホテルザミツイ京都」開業についてのご報告。かつての国際ホテルは建物の高さ42m、今回は15mに!二条城等周辺の景観と見事に調和。ホテルのスタッフは230人!雇用の確保にもご貢献。

三井家の家祖・三井高利翁が京都に呉服店を開いて以来、深いご縁のある三井と京都。
このたび、三井不動産により、二条城の東側、堀川通に面した三井総領家(北家)の居宅跡(国際ホテル跡地)に、京都ならではの伝統、文化、工芸、食とおもてなしを提供するラグジュアリーホテル「ホテルザミツイ京都」が11/3(火)に開業。
エントランスには、元禄時代から受け継がれてきた梶井宮門、源泉を活かした温泉も。景観に調和した外観、内装などにも京都の伝統産業を様々に活用。またホテルでは、開業前から従業員の皆さんが毎朝、門掃きをされており、京都の生活文化を実践!
なお、三井不動産では9/28に寺院共存型の「三井ガーデンホテル京都河原町浄教寺」もオープン。歴史ある寺院を次代へ継承するため、浄教寺とホテルとを一体開発。多くの寺院が抱える社会的課題解決にもつながる新たなモデルにも。
コロナ禍により観光業界はまだまだ厳しい状況ですが、Go Toキャンペーン等、少しずつ、人の流れが動き始めています。ホテルザミツイさんでも「正しく恐れ適切に対処する」ためのガイドラインを策定され、安心・安全・健康を第一に感染症対策を徹底されています。
京都市も、市民と観光客の安心安全を確保した新たな観光、地域と調和した持続可能な観光を目指し、引き続き努力してまいります。

今月の記事

アーカイブ