門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.10.10
祈りとアートで人々の幸せ・平和、コロナの終息を祈願!御寺 泉涌寺と様々なアーティストがコラボ!御寺 泉涌寺で「未景(みけい)展」を拝見。僧侶による法要、写真・絵画・彫刻・工芸・映像など多彩な作家たちによる創造性溢れる作品が素晴らしい泉涌寺の祈り空間に見事に調和!泉山幼稚園の子ども達の作品も。新善光寺の泉山幼稚園も訪問。熊谷栗子先生、知子先生の熱意溢れる幼児教育へのご献身に感銘!

「未だ景ならざるもの」を見つめ続けることを活動の根幹に、終息が見通せない新型コロナウィルス感染症の蔓延に心を痛め、人々の平和で健康な生活が営める世界を一日も早く取り戻せるように、心を合わせて祈りとアートによる疫病退散を祈願するアートイベント。
今年のテーマは「手のひらのしずく~いのりとアート」。泉涌寺に縁の深い「水」をキーワードに、一つひとつのしずくのような「祈り」をつなげていくような作品群。市内ギャラリーでも展示や販売をされており、売り上げの一部はコロナ対策にご寄付!深謝。
危機的状況に直面する中での文化、芸術の偉大さを改めて実感。大沼憲昭
実行委員会代表をはじめご尽力の皆さんに敬意と感謝。


今月の記事

アーカイブ