門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.10.15
セサル・フェレール駐日ウルグアイ大使がお越しに。京都市京セラ美術館で10/16から開催の「2020着物に世界を映す展覧会」を訪問されるとのこと。来年は日本とウルグアイの国交樹立100周年!一層友好を深めることを誓い合いました。深謝。

ウルグアイは、日本から最も遠い国でありながら、友好・交流が深まっており、2年前には安倍前総理が日本の総理大臣として初めて訪問。近年では日本企業の進出も増えています。また首都モンテビデオではスマートシティ化も進み、市民参加も活発に!国を挙げて環境問題にも先進的に取り組み、今や再生可能エネルギー大国に!
「世界でいちばん貧しい大統領」として知られるホセ・ムヒカ元ウルグアイ大統領は、国連の「持続可能な開発会議」で「我々自身の生活スタイルを見直すべき」としたスピーチで世界中から注目!4年前、「KYOTO地球環境の殿堂」に殿堂入り!ビデオメッセージもいただきました。来日時の取材では、「京都が素晴らしい!あの文化、歴史を失ってはいけない!」との嬉しい言葉も!
訪問される「着物に世界を映す展覧会」のコンセプトは「世界はきっと一つになれる」。
渡航制限等による分断が続く中ではありますが、心一つに、共にコロナを乗り越え、世界平和に貢献!更なる友好親善を誓い合いました。

今月の記事

アーカイブ