門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.10.27
自由民主党京都市会議員団(橋村芳和 団長)から、来年度予算と今後の市政方針に対する要望~コロナ禍に関する各種施策、対応について~議員の先生方の、日夜の活動から多くの市民・声と実情を集められ、厳選と熟慮を重ねられてのご要望。しっかり検討し 市民の命と暮らしを守り、持続可能な財政の確立、挑戦と改革へ生かさせいただきます。

例年、市政全般についてご要望(昨年237項目)いただいていますが、今年度は、現下のコロナ禍による厳しい状況を鑑み、特に喫緊の課題となっているコロナ対策に関する20項目に厳選。どれも重要な内容。また、コロナ対策に視点を当てられてますが、その内容は市政の全般・根幹に。命と健康、暮らしを守る福祉、医療、教育、大学、子育て支援、環境、産業・雇用、交通、上下水、安心安全、インフラ整備、更に情報発信など市政の全般にわたり本質に迫る内容。危機感を共有し、副市長、各局長はもとより、職員一人一人が真摯に受け止め、しっかりと検討を深め生かしてまいります。


今月の記事

アーカイブ