門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.07.05
指定都市市長会議、自然エネルギー協議会、出席のため早朝から東京へ。まずは指定都市市長会「第4回多様な大都市制度実現プロジェクト」。プロジェクトでは特別自治市制度の法制化など多様な大都市制度のあり方について幅広く議論!アドバイザーの神戸大学 砂原 教授、一橋大学 辻 教授のご意見をいただきながら、特別自治市制度の必要性や移行手続きなどについて意見交換

東京一極集中を是正し、持続可能な地域社会の実現のため、こうした議論は極めて重要。ただ地方自治の根幹に関わることであり、特別自治市の実現には国民的な理解と協力が不可欠。基礎自治体を重視し、二重行政の完全な解消が目標。広域自治体のあり方や現行の指定都市制度が抱える課題 (指定都市が府県に代わって行う「大都市特例事務」に係る財政措置不足等)も含めて、より国民的議論を深めていく必要があります。
京都市は、これまでから西脇知事との確固たる府市協調のもと、コロナ禍における感染拡大防止対策や京都経済・市民生活の下支えなどに取り組み、現行制度の限界に挑戦。ただ、その成果の「見える化」が大事だとのご意見を頂いており、市民の皆さんと共有することが重要です。
引き続き、指定都市が住民に最も身近な基礎自治体としてしっかり役割を果たすため、議論を深めてまいります。


今月の記事

アーカイブ