門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.07.11
「日本文化をアップデートする創造的なアイデア」に感銘!「日本文化 BOOT CAMP in KYOTO」にお伺いし、参加者の皆さんのプレゼンをじっくり拝聴。延べ 4日間、錚々たる講師陣から学ばれ、班毎に議論を尽くされプレゼン。私から敬意を表し講評。ご主催のNewsPicks NewSchool 佐々木紀彦校長、THE KYOTO 各務亮 編集長はじめ皆さんに敬意と感謝。

池坊 専好氏、金剛 龍謹氏、細尾 真孝氏、高橋 拓児氏、伊藤 東凌氏、岩本 宗涼氏 そして 各務 亮氏、佐々木紀彦氏が講師陣。
「日本文化 BOOT CAMP in KYOTO」は京都の最高峰の文化人たちの技、精神、美意識を学び、文化を活用した次代の価値を考えていくプログラム。各界でご活躍の志の高い20名の方がご参加!参加者の皆さんは着物、茶道、お能、禅、食、など京都の最高峰の文化をご体験。これを踏まえ、4チームに分かれ、それぞれ「日本文化をアップデートするアイデア」をプレゼンテーション!創造的で斬新なアイデアに感銘を受けました。
来年度中の文化庁全面移転、令和5年度の京都市立芸大・美術工芸高校の京都駅東部・崇仁地域への移転も見据え、ウィズコロナ時代、文化で日本を元気に、SDGsの達成へ、皆さんと共々に日本の心のふるさと、精神文化の拠点都市・京都の魅力を更に磨き上げ、役割を果たしていくことを改めて決意。


今月の記事

アーカイブ