門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.09.07
2050年CO2ゼロ、持続可能な循環型社会へ共々に!「京都発脱炭素ライフスタイル推進チーム~2050京創ミーティング~」が発足!第1回会議がオンラインとのハイブリッドで開催、産業、文化、学問、青年団体はじめ幅広い分野で献身されているリーダーの方々が結集!心強いです。(私はオンラインで参加)。

将来の京都を担う若者を中心とする市民、事業者・学識者等の皆さんと共に、2050年の京都にふさわしい脱炭素型のライフスタイル像や、それを実現するためのこの10年の目標・アクションを創るため発足した本推進チーム。新川達郎座長 ((公財)市環境保全活動推進協会理事長、同志社大学名誉教授)をはじめ幅広い分野において先頭に立って活躍しておられる皆さんが、ライフスタイルの転換の実現を先導し、自ら率先して行動するという高い志を持ってご参画!心から敬意と感謝。
本市は一昨年5月、日本の自治体として初めて「2050年CO2排出ゼロ」を宣言。昨年12月には、温暖化対策条例を改正し、「2050ゼロ」を目指すことを明記。さらに、今年3月には新たな「地球温暖化対策計画」を策定し、市民の皆さんの「ライフスタイルの転換」を一番に掲げています。
2050年ゼロの達成には、市民の皆さん、事業者・団体の皆さんの積極的なお取組が極めて重要。2050年CO2ゼロ、持続可能な循環型社会の実現へ!共々に力を尽くしてまいります。


今月の記事

アーカイブ