門川大作OFFICIAL

活動日記

2022.01.04
京都が誇る和装産業はじめ洋装、寝具風呂敷など幅広い繊維産業を牽引。京都織物卸商業組合 新春年賀交歓会。野瀬兼治郎理事長はじめ皆さんに敬意と感謝

コロナ禍で和装など厳しい状況の中、創意工夫を重ね和装・繊維産業の継承発展、雇用の維持などにご献身。昨年の京都ゆかりの創作集団「CLAMP」とのコラボプロジェクト「京都エール!プロジェクト」にもご尽力。改めてに敬意と感謝。
京都市では和装文化を市独自の無形遺産に認定、本日の仕事始めや「きものの日」、祇園祭前祭・後祭の山鉾巡行に合わせて職員の和装勤務を奨励するなど、和装の魅力発信に努めています。
引き続き、和装をはじめ日本の生活文化、それを支える伝統産業の振興へ!文化庁の京都への全面的移転も見据え、全力を尽くしてまいります。


今月の記事

アーカイブ