門川大作OFFICIAL

活動日記

2016.12.29
ゴミの収集、運搬、分別、そしてごみ減量、環境問題に最前線で取り組む 伏見まち美化事務所を激励

市長就任当時、毎朝、現場を訪ね、市民目線での職務遂行を共に議論し、訴えました。それから9年、市民の方々から近年、「仕事が丁寧!」など高い評価。所長を先頭に職員がきびきびと働く姿。職員一丸となっての頑張りを実感。嬉しいです。今年10月からは長年の市民要望の「燃やすゴミの午前中収集」新たなコストをかけず、効率化により実現。午後の分別収集等のサービス向上にも繋げ、ゴミの減量に努めてます。この間のゴミの減量とあらゆる効率化の取組でごみ処理に使う予算・税金は年間1年138億円削減!福祉や子育て支援等に回わせています。平成32年度に半分以下の39万トンにまで削減するため、更に、「しまつのこころ条例」を施行。更なる削減に向け、そもそも「ごみ」をつくらないリデュース(発生抑制)、リユース(再使用)の2R。また分別の徹底、食品ロスの削減!これからも市民ぐるみの取組を進め、ごみ減量に職員一丸となって全力投球誓い合いました。