門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.01.18
伝統産業の三木竹材店、三木清 代表、三木崇司さんがお越しに。無鄰菴の整備にご寄付いただきました。深謝

明治・大正の元老山県有朋の京の別荘で明治29年に完成した無鄰菴。木造平屋建の母屋、茶室、レンガ造2階建の洋館、そして小川治兵衛作の名勝庭園から成り、二条城と同じく京都市が寄贈され、市民の財産として管理。
近年、貴重な文化財・無鄰菴も腐朽が見られ、本市として整備を進めている中、京銘竹や京竹工芸の継承・発展にご貢献いただいている三木竹材店さんから竹垣と竹縁等々、全てをご寄付頂き、これから整備して頂きます。嬉しく心強く有難い限り。
三木代表は、日本が世界に誇る竹材・竹工芸等の日本のトップリーダー。商業協同組合や、京都伝統工芸協議会代表としても伝統文化・産業振興に多大のご尽力。また、PTAの元会長としても長いご縁を頂いてます。三木崇司さんからも京竹工芸の素晴らしい伝統、熱いお気持ちを聞かせ頂きました。深謝。引き続き、ご支援頂き、共々に貴重な京都の文化財保護、伝統産業の発展に全力を尽くします。