門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.03.25
社会的な課題解決へ、3つのゼロの世界~貧困ゼロ、失業ゼロ、CO2排出ゼロ~に向け多大のご尽力! ご講演等のため来日された、ノーベル平和賞ご受賞のムハンマド・ユヌス博士、ポーランド国立ストゥミンスキー美術大で世界的なアートディレクター 稲吉紘実 教授、河原裕子 (NPO)アース・アイデンティティ・プロジェクツ会長、佐々木喜一さんらと早朝から懇談

ムハンマド・ユヌス博士はバングラデシュの経済学者。1983年に無担保小口融資(マイクロクレジット)を行うグラミン銀行を創設。同国の貧困軽減に大きくご貢献され、2006年ノーベル平和賞をご受賞。国連等とパートナーシップを組み、日々世界中で社会問題の解決に向けたソーシャル・ビジネスを実践し続けられ、ておられます。
また、デザインのアカデミー賞と言われる「ニューヨークADC特別優秀賞」はじめ国内外で100を超えるデザイン賞を受賞されている稲吉教授。ソーシャルデザイン・アートの先駆者として社会的課題の解決にもご尽力。京都をソーシャル・ビジネスの聖地とするため「京都市ソーシャル・イノベーション・クラスター構想」を推進している京都市の取組をご評価いただきました。今後とも、市民の皆様、大学、企業、事業者の方々と共に、ソーシャルビジネスで社会的課題の解決、生き生きとしたまちづくりに取り組むことを改めて決意。
志を大切に、人間性を育てる理念の下、京都を拠点に教育事業を展開される成基コミュニティグループ 佐々木喜一 代表はじめご尽力の皆さんに敬意と感謝。


今月の記事

アーカイブ