門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.12.16
臨床心理士さんら1800人が全国からお集まり!子どもと心を育む人間環境を考える「心の健康・文化フォーラム」@国立京都国際会館。京都から始まり3年目!毎年京都で盛大に!益々活発に!(公財)日本臨床心理士資格認定協会のご主催。

昭和63年、河合隼雄先生らのご尽力で発足された臨床心理士資格認定協会。現在、藤原勝紀専務を先頭に、心の健康生活、子ども達の健やかな成長のため献身的にご活動。藤原先生は、長年、教育委員長等として、京都市の教育実践を力強くご指導いただき、河合隼雄先生と共に、「京都市こども相談センター・パトナ」の開設等にもご尽力。長いご縁に感謝。 2年前、臨床心理士・心の専門家が、子ども達の健全な育ちをはじめ、多くの方々の、心の健康、文化の振興のために、多様な分野との創造的な対話による展開を目指し、京都で初開催。今年のテーマは「子どもと心を育む自然・歴史・文化-臨床心理士の基底に流れるもの」。永山文科省初中教育局長がご挨拶、広島や宮城の臨床心理士会からの復興支援現場からのご報告、井上満郎 京都市歴史資料館館長の講演も。 皆さんの志高いご活動は心強い限り!京都市としても、引き続き地域ぐるみで不登校やいじめなどの課題と密接に関わる子どもと保護者の心の問題にしっかりと取り組んでまいります。