門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.02.12
台湾・高雄国際マラソンに出場される右京区「高雄」友好交流訪問団の皆さんがご来庁。右京区高雄は歴史と伝統、素晴らしい文化・景観のまち。高山寺、神護寺、鳥獣人物戯画絵巻、源頼朝像、等々世界遺産、国宝、重文だけでも100件を超える日本最高クラスの文化財集積地でも。台湾の高雄市は、昔「打狗(ターカウ)」と表記。1920年に京都の高雄の漢字を当てられました。それをご縁に、台湾「高雄市」と京都市右京区「高雄」が文化やスポーツを通じた交流を深めてます。

昨年12月に開催の「高雄マウンテンマラソン」には、台湾高雄市から9人の皆さんがエントリー!そして今度は、台湾の「高雄国際マラソン大会」に10名の右京区の方々をランナーとしてご招待いただくこととなりました!市民交流・文化交流の深化を実感。心強いです。
これからも高雄自治連合会 中川会長ら地域の皆さん、そしてご支援の嵐電 岡本社長らと共に、引き続き、市民ぐるみの国際交流、友好親善に努めてまいります。