門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.03.27
ドイツ連邦議会のザートホフ議員、ケーラー 総領事と懇談。京都の環境施策に関心を持たれご訪問。京都の取組をご評価頂き、環境、文化など幅広い分野で連携を促進することを誓い合いました。

ドイツと京都の縁は大変深く、ドイツ政府直轄の「ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川」(ドイツの招聘アーティストと日本の芸術家の出会いの場となる滞在型芸術創造施設)も設置。姉妹都市のケルンをはじめ、文化芸術はもとより、大学、環境、ものづくりなど、さまざまな分野において市民・民間レベルでの交流も深めているところ。
今回の入洛でも、二条城の視察や裏千家訪問、京都市のエネルギー政策に関する職員との意見交換など、多彩な交流プログラムにご参加。これからも友好を一層深め、世界平和に貢献していくことを誓い合いました。