門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2019.06.19
宮井ふろしき・袱紗ギャラリー(京都市の博物館協議会協議会の有力な加盟メンバー)で「世界のふろしき展」を鑑賞。

使うときは大きく、しまうときは小さく。何度も使え、エコでありながら、色とりどりの美しい意匠が施され文化を感じ、しかも機能性は抜群。企画展では、中央アメリカから東アジアにわたる世界各地のふろしき文化を展示し、日本との共通項や違いを紹介。ふろしきの多様性に改めて驚きです。
また、京都市産業技術研究所と長瀬産業との共同研究で開発した、水を使わず高速で小さい加工が可能な「電子写真式デジタル捺染システム」による高精細ふろしきも拝見。知恵創出“目の輝き”企業認定も。宮井宏明 社長はじめ皆さんに敬意。益々のご発展を祈念!