門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.08.18
京都の農業の継承発展、世界に誇る食文化の創造的発信の新たな拠点に!「京都JAビル」完成・お披露目式!西脇知事とともに出席。旧京都JA会館が、更に機能を強化、幅広い用途で利用できる貸会議室を備え、京都の伝統と格式を見事に生かした宿泊施設も併設した素晴らしいビルにリニューアル!今後も京都の「食」と「農」力強くお支えいただくとともに、地域と共にまちづくり!更なる飛躍へ!中川泰宏 会長はじめ皆さんに敬意と感謝。

「地産地消」の運動に力を注がれ、安心安全で新鮮な農産物を消費者に届けられるとともに、「食育」を通じて子どもたちの健全育成のためにもご活動。また、国内外へ「京野菜」の魅力発信・ブランド力の強化にもご尽力。さらには、京都マラソンへも多大なご協力。敬意と感謝。
コロナ禍により、料理屋さんはじめ高級な飲食店等の需要が減少、京都の農業にも大きな影響が。一方で、身近に新鮮な農産物を入手でき、消費する「地産地消」の重要性はより高まっています。厳しい状況の中、京都の食文化を支えるため、様々な工夫、新たな取組を進められるJAの皆さん、頭が下がります。
素晴らしい「京都JAビル」を拝見させていただき、今後も京都の「食」と「農」、まちづくりに大きな力を発揮していただけると確信!
京都市では、中央卸売市場の機能強化等再整備を進めるとともに、今後の農林行政の方向性を示す極めて大切な「京都市農林行政基本方針」の見直しを進めています。
引き続き、京都の食文化、農業を支える皆さんをしっかり支援していくとともに、不断の努力で受け継いでこられた素晴らしい京都の農林業をしっかりと継承・発展できるよう共々に全力投球することを改めて決意。皆さんに深謝。

今月の記事

アーカイブ