門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.08.26
総務省近畿総合通信局 高野潔 局長が就任のご挨拶に。ローカル5G等、通信技術を活用した地域課題解決へ!Society5.0と言われる超スマート社会に向け、また、ウィズコロナ時代に、その役割は一層重要に!これからもしっかりと連携して取り組みます。

高野局長は京都大学ご出身。
近畿総合通信局とは、これまでから、地デジ化への対応、高速大容量通信可能なブロードバンド環境、災害に強い情報インフラの構築、山間部(京都市域の7割強が山間部)の光ファイバー整備等々、市民の安心安全、地域の情報化に向け連携して取り組んできたところ。
現在、力を入れておられる「ローカル5G」は、自治体や地域企業が自らの建物や敷地内でスポット的に柔軟にネットワークを構築でき、実用できれば地域IoT(情報通信機器に限らずあらゆる「モノ」がインターネットにつながること)にも大きく資するもの。本市でも動向を注視しています。
コロナ禍により急激にテレワーク等が進む中、総合通信局の果たす役割は高まります。引き続き、連携を深めて取り組んでまいります。


今月の記事

アーカイブ