門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.08.30
竹本直一 内閣府特命担当大臣とオンラインミーティング。「スタートアップ・エコシステム グローバル拠点都市」「推進拠点都市」の首長が参加。ウィズコロナ社会、スタートアップで社会課題解決へ!京都市のスタートアップ支援、スタートアップ企業の力強い取組等についてご紹介、意見交換。引き続きオール京都、京阪神の一致協力で取組を加速させます。ご対応に感謝

京都市・府、京都知恵産業創造の森、経済団体、民間組織等で構成する「スタートアップ・エコシステム推進協議会」が、竹本大臣の力強いご支援のもと、大阪、兵庫・神戸の各コンソーシアムと連名で、国の「スタートアップ・エコシステム グローバル拠点都市」に認定!
竹本大臣には、7/28に妙心寺において京都を代表とするスタートアップ企業・支援者との意見交換、また、京都のスタートアップ支援の拠点、経済センターの視察等を行っていただき、京都の取組を高く評価いただいたところ。
京都は、長い歴史の中で、ものづくりと文化の融合により、イノベーションを起こし、数々のベンチャー、有名企業を生み出してきました。そうした土壌のもと、今も高い技術を持った企業、世界的な研究者が集積、クリエイティブな企業拠点やスタートアップ支援拠点の開設が相次いでいます。
牧野成将さんを中心に立ち上げた「Kyoto Makers Garage」によるものづくりベンチャー支援や、京都大学内に産学公連携により設立した「京都市ライフイノベーション創出支援センター」(京都市職員2名を派遣)でのライフサイエンス分野のベンチャー支援などの取組も代表的。
この間、京都市が実施するスタートアップ支援事業では、革新的な技術やアイデアでコロナ禍における社会課題に挑戦する取組を募集、177件もの応募、素晴らしい提案が多数!この機会に京都に進出されるスタートアップも。
ウィズコロナ社会、ピンチをチャンスに!こうしたときこそスタートアップで社会課題解決へ!
これからも京都の強みを生かし、世界に伍するスタートアップ・エコシステムの構築、そして持続可能な社会の構築へ!引き続きオール京都、京阪神との連携により全力投球します。